北九州市八幡西区鷹見台 地域通貨”すまいる”情報交換プラザ


by lcsmile
第96回交流会  これから”ボランティアすまいる”が取り組むべき課題について
2017年2月18日 計34名参加 ブレーンストーミングの要約、
番号1は問題指摘、番号2は解決策


1 高齢者や一人暮らし問題
1 一人暮らしの方の玄関が施錠状態ゆえ何か困ったことがあっても中に入れない
1 高齢者対象のイベントに仲間として参加されない。一人暮らしの方との接触方法が課題だ
1 個人情報の秘密についていろいろと言いすぎるので福祉活動をしにくい
1 ゴミ出しのルールを高齢ゆえに知らない方がいる。ゴミ出しを手伝いたい。
1 もやいの場がもっと欲しい
1 引きこもり勝ちな方を外へ引き出したい
2 高齢者の方と日常的に接する機会を増やして親しくなりたい
2 雨戸や窓が開いていない時には心配、訪問する習慣を付けよう
2 日常的に注意を要する一人暮らし方への訪問回数を増やさなければならない
2 沢山の高齢者が集まり、ワイワイと楽しく食事を作って食べる場を作りたい
2 一人暮らしの方を対象とした花見大会を開催して、外へ引き出す工夫をしよう
2 買い物支援対象者にチョイボラのニーズを毎週一回乗車時に個別にヒアリングしよう
2 徘徊の可能性がある方を地域の方に認知してもらう体制が必要
2 いざという緊急時に状況を知らせる緊急連絡先を二つほど持とう

2 子供会
1 おひさま子供会(1.2町内)と星の子子供会(3,4町内)同士の交流が欲しい
1 子供会活動の情報をもっと沢山一般住民にも流してほしい。子供の状況をもっと知りたい
1 子供会活動が不活発である。子供の声が聞こえるまちになろう
2 鷹見台全体尾子供を対象とした子供祭りを行おう(1~4町内)
2 子供と一緒に活動できる、生き生きとした地域になりたい
2 小学生との交流はもちろんだがそれ以外の中学生との交流もしたい
2 近所の乳幼児をモナさんで見守る子育てがしやすい地域になろう
2 子供とふれあいことが出来るイベントを半年に一回は開催したい
2 未就学児を会館に集めて異世代交流の場を設ける
2 子供会でカレーを作り、男性高齢者にふるまい外に出る習慣を付けてもらう

3 若い人
1 高齢者~熟年層~子供の異世代交流が少ない
2 若い方が入会、無理なく活動できる方法を考えて(時間帯、曜日、非義務化、自発性尊重)
2 自治区会活動に若い方、特に50歳~60歳代の方の参加を促す方策を考えよう
2 若い方にすまいるの活動内容を広報して、理解を深めていただき入会を勧めよう
2 すまいるに青年部を作ろう。そして若い方の考え方を多いに聞き?吸収する機会を作ろう
2 鷹見台に青年団を作ろう。八枝まち協に青年の会あり、その下部組織的な存在?永西も?

4 健康づくり活動
1 早朝ラジオ体操などの健康づくり活動に参加する方が少ない 参加を勧誘しよう
1 永犬丸の森公園の存在を知らない人がいる。この公園は当地区の健康づくりのメッカである
2 毎月スポーツ大会を開催しよう。ペタンクやグラウンドゴルフ大会を1~2回/年開催を
2 子供も一緒にできるスポーツをしよう
2 スポーツ大会にでてくるよう声掛けを密にしよう
2 一日2時間は屋外で太陽に当る習慣を作りましょう
2 歩く習慣をつけよう。永犬丸の森公園外回り一周が580mあり、絶好のウオーキング環境だ
2 鷹見台にて健康ミニフェスタ(各種健康指標測定、保健師相談、その他)が開催できないか

5 楽しいイベントを
1 イベントに参加する人はいつも同じ人で新しい顔を見ることができない
1 男性のイベント参加率が悪い。シャイな方が多いのかな?無理くり引き出す方法は?
1 案山子づくりが特定のメンバーに偏っており、全員参加の状況になっていない
1 各種会合やイベントに幾ら勧誘しても出てこない方が多い
1 あまりにもイベントの数が多すぎる。高齢ゆえ今でもう十分だ
2 より多くの方が興味を示すイベントを計画しよう
2 縁日に盆踊りを盛大に組み込んで、多数の住民が気軽に集える楽しい場にしよう
2 引きこもり勝ちの方に菜園活動を勧めよう。夏場夕刻時の絶好なふれ合いの場提供。
2 案山子づくりを各組ごとに作るようにしよう
2 普及が進んだ種目以外の新しいものが体験できるイベントを開催してほしい。
2 外へ出たがらない男性対策として、男性同士で料理を作り楽しむ場を作ろう

6 区会
1 順番で回ってくる区会役員を高齢ゆえに担当することが難しい
1 組内での話し合いチャンスをもっと密に。もっと隣近所が仲良くなれる方法を考えよう
1 鷹見台は生活レベル差が少ないので諸活動を実施しやすい地区である
1 野良猫の鳴き声がうるさく夜眠れない。野良猫やイヌの糞害に困っている
1 スポーツができる広い会館が欲しい
1 回覧板の回覧速度が遅い、又回っても見ていない方が多い
1 引っ越ししてきた若い方に積極的に声を掛け、早く町内に馴染んでいただく活動を
1 災害緊急時の対応体制(個人、区会、まち協)をきちんとしておくべきだ
2 自治区会入会のメリットを広報しよう
2 有価資源ごみをいつでも出せるように格納庫を設置してほしい
2 社会福祉協議会の活動を鷹見台全体で一つに統合しよう
2 1,2町内を八枝まちづくり協議会から永西町づくり協議会の範囲に組み込もう
2 野良猫に餌をやらないルールを徹底しよう

7 すまいるの問題
1 すまいるも高齢化が問題、若い血の導入を図り行動力を確保しよう
1 すまいるの活動を知らない人が多い。あらゆる機会にPRを
1 チョイボラの依頼件数が少ない
1 すまいる活動に抵抗感を示す方がいる。隣近所と本当に仲良くできるのか
1 向う3軒両隣の関係で気楽に頼み合える隣人関係を構築しよう
1 高齢家庭がチョイボラを依頼したいが遠慮があって依頼を躊躇する
1 チョイボラの広報が少ない
1 すまいるに入るメリットはボランティア精神を感ずることだけか
1 すまいる行事が家で話題になることがある
2 すまいる会員外も含めて気軽にチョイボラを頼める制度・仕掛けを作ろう
2 チョイボラがボランティアすまいる活動の基本であり、これを根気強く続けよう
2 道路サポーターの清掃範囲を大通り以外の範囲まで拡大しよう
2 特に特技がない自分でもできる簡単なサービスを行いたい
2 子育て支援もすまいるの活動範囲にする
2 趣味の会の充実を図ろう
2 自治区会と協同で食事しながらの座談会を開催しましょう
2 青空市場開催を考えよう
2 活動が中途半端な方を積極的に活動されるように転換をする方法を考えよう
2 悠遊会とのイベント調整や交流を図って欲しい

[PR]
# by lcsmile | 2017-03-02 21:00 | Comments(0)

安川電機みらい館訪問

21017年1月16日(月)総勢25名の陣容で表記みらい館を訪問しました。
すまいるとしては久しぶりのアカデミック(?)なイベントでした。
最新の技術に触れることが出来た素晴らしい時間を体験できました。
安川電機さんは北九州を代表する先端技術企業です。これからも世界の競争相手に対して一歩も引くことなく先陣を切って頑張っていただきたいものです。
AIとかディープラーニングとか最近のコンピュータ技術の進展は目覚ましいものがあります。
特に対話ができるロボットが急速に進歩しています。我々高齢者にとってもロボットを非常に身近なものとして対処していく必要があるでしょう。
安川電機さん ダントツの世界一ロボットメーカーとなるべく頑張ってください!
a0033610_1803214.jpg
a0033610_1805552.jpg
a0033610_1811922.jpg

[PR]
# by lcsmile | 2017-01-17 18:02 | Comments(1)

男料理教室開催

10月26日 10月度の男料理教室を開催しました。
作ったものは
1.レンコン豆腐バーグ
2.ひじきケチャップ煮
3.かぼちゃのチーズ焼き
4.切り干し大根玉ねぎあえもの
5.魚のみそだれソテー
いずれも作り方としては簡単なものであるが、高齢者向きのヘルシーなメニューでした。
各自家に帰ってまず作ってみましょう
a0033610_19101579.jpg
a0033610_1995433.jpg

[PR]
# by lcsmile | 2016-10-29 19:11 | Comments(0)

陶芸遊び開催

10月18日(火)昼から陶芸ごっこをしました。
”わくわく火曜日”と”ボランティアすまいる”の合同で合計41名の参加での楽しいイベントとなりました。
作ったものは来年の干支”酉”でオス、メスの可愛らしいペア作品です。
さてどのような純白の可愛いニワトリさんができることでしょうか。
皆さん乞うご期待!
a0033610_19595393.jpg

a0033610_19574351.jpg

[PR]
# by lcsmile | 2016-10-20 20:00 | Comments(0)
2016年6月29日(水)男の料理教室開催
今回のメニューは
1.ニワトリハム 2.なすピーマンの味噌炒め  3.もやし、トマト、甘酢あえ
4.しのだ袋  5.キューリのカリカリ漬け  6.ジャガ餅
の6品でした。いずれも簡単でコストパーフォーマンスも十分、やる気になればすぐにでも出来るような感じのものばかりでした。
習ったことはすぐ家庭で実践して女房を喜ばせましょうね。みなさん!
a0033610_14491910.jpg
a0033610_14501413.jpg

[PR]
# by lcsmile | 2016-06-30 14:50 | Comments(0)
すまいるのメンバーを中心に計9人で日韓食文化交流を目的として、2016年5月30から6月3日、4泊5日の日程で韓国大邱広域市を訪問しました。
a0033610_7561520.jpg

訪問初日はちらしずしとかき卵汁の料理講習、韓式茶礼、その後音楽交流といずれも30人強の参加者で大いに盛り上がりました。日本料理の講習は厨房が狭いこと、調理器具が日本とまるで違うこと、その他で戸惑いましたが冷や冷しながらも一応時間内で調理は完了しました。その後皆さんで揃って日本食を味わっていただきました。
韓式茶礼は韓国礼服を着られた3人の方が厳粛で幽玄な雰囲気の中で野点のおもてなしをして下さいました。大勢の前で緊張もしましたがゆっくりと流れる雰囲気の中、茶礼をされる方の優しい笑顔に自然に気持ちが癒されていく私がいました。とても貴重な体験でした。音楽交流は韓国側がコーラス、アルトサックス、ハーモニカ、ギターの演奏と盛りだくさんで、いずれもプロレベルの素晴らしいものでした。ハーモニカとギターは先生とか言われていましたが、いずれにしろハイレベルな演奏に圧倒されました。これに対して私たちは鷹見台合唱団のメンバーが主体でのコーラスでお応えしましたが、足元にも及ばなかったです。しかし音楽は世界共通語だと実感しました。
2日目は八公山観光で桐華寺訪問、ここではすごく多数の信者が厳粛な雰囲気の中で南北統一を祈願して熱心にお祈りをされておられ、物見遊山の私たちが懸命な祈りの場に存在するのがふさわしくないという感じがしました。
その後大邱市の庶民市場、西門市場で少しショッピング、私たちの目がランランと輝いたひと時でした。
夕食はガーデン焼肉パーティーで楽しくワイワイとやりました。片言の日本語と英語、韓国語が飛び交う会話を夢中でしました。男性たちはマッコリを飲みながら大いに盛り上がり親善を深めたと思っています。
次の日は釜山へ移動して市内観光、海雲台とUN記念公園を訪ね、昼食後、釜山国際市場でショッピングを楽しみ、欲しいものを沢山ゲット。テンションが上がり、うろうろしたい女性たちを迷子にならないように目配りをし、付き合ってくれた男性、お疲れさま、感謝・感謝です。
韓国料理について感じたことを書いてみます。日本から一番近い国で主食はお米ですが味付けは全く違っています。韓国食は辛いというイメージがありますが幅は広いです。
日本では韓国料理といえば日常的に食べるのは白菜のキムチですが韓国では数えきれないほど種類があります。訪問した家にもたくさんのキムチやピクルスが漬けてありました。味噌をベースにコチジャンも手作りで、これをアレンジして調味料としてよく使われています。料理に砂糖をほとんど使わないし、野菜をたっぷりと使った発酵食品が多いように思います。お茶は漢方薬のようなものを煮出して飲まれています。まさに健康食だと感じました。
今回の訪問で感じたことは以下のような点です。
一・女性の肌がきれいなこと。秘訣を尋ねても特別な手入れはしていないとのこと。「キムチ・キムチ」と笑って答えるだけ、本当に輝いて見えました。
二・まちにゴミが少なくきれいなこと、街並みの綺麗さは鷹見台と変わりません。山に緑がよみがえり以前とは比較にならないくらい自然環境が良くなっていること。
三・街全体と人間が醸し出す雰囲気がエネルギッシュで活気と自信に溢れていること。下関に帰着してその雰囲気の違いに愕然としました。
四・車が大きくて立派だった。日本車をほとんど見掛けなかった。逆に日本では韓国の車をほとんど見ることがない。今の両国の関係を如実に物語っているのでしょうか。
五・車の運転が上手、でも勇ましいという表現がぴったりで、とにかく驚きましたが肩もこりました。
六・旅の間、殆ど日本人と会わなかった。関釜フェリーの乗客も日本人は私たちだけでほとんど韓国のかたでした。これも国の勢いの差なのでしょうか。
今回の訪問家庭に2泊の民泊を行ったのですが、広い敷地(約800坪)にペンション風の家、設備の立派さに圧倒されました。もちろんこれは私たちの訪問先二軒ともが特別に裕福だったせいだったかもわかりません。
昨年の秋の交流会、今回の訪問先の方は訪日にあまり乗り気ではなかったらしいのですが、韓国へ帰国時にはすっかり嫌日の気持ちは消え去り、好印象に変わられたとお聞きしました。そして今回の訪問が実現となったわけです。
私たち庶民には韓国のようなもてなしはとても無理ですが、可能な範囲で心を込めた草の根交流が出来れば、末永く相互理解を深めることが出来るのではと思っています。
大きなトラブルもなく無事に帰って来てほっとしています。
李教授がまとめられたブログのURLです。
http://blog.naver.com/ilchon777/220729065639
こちらもご覧ください。とてもよくまとめておられます。
亀田美智子
a0033610_7563723.jpg
           
a0033610_7565535.jpg
a0033610_7571433.jpg

[PR]
# by lcsmile | 2016-06-20 06:10 | Comments(0)
過ごしやすい季節がやってきました。自然での活動が元気の素です。竹炭工房の周りの竹切りをして見晴らしが良くなりました。100年からの山桜が満開です。
a0033610_854192.jpg

手前のワイヤーは子供たちの人気のワイヤースライダーです。
24日がすまいるの筍山菜取りです。自然が一杯待ってます。
[PR]
# by lcsmile | 2016-04-03 08:54 | Comments(0)

第2回男性料理教室開催

2月17日(水)第2回の料理教室を開催しました。
今回は登録メンバーに都合が悪い方が多くて、臨時メンバーが3名ご参加されました。
練習メニューは以下の通りです。
1.春キャベツ・ワカメ・シチキンのホットサラダ
2.鮭・シイタケ・たまネギのフォイル焼
3.ほうれん草・炒り卵のごま合え
4.胸肉・韮・キムチ炒め
5.ネギスープ
全員で7人  ワイワイと楽しく勉強できました。各自家に帰ったらなるべく早く自分で料理をしてみましょうね
a0033610_216662.jpg
a0033610_2161880.jpg

[PR]
# by lcsmile | 2016-03-07 21:06 | Comments(0)

H28年どんど焼き協力

H28年1月10日(日)10時から H28年のどんど焼きが行われました。自治区会主催、すまいる協力での開催でした。当日は非常に良い天候に恵まれて気持ちの良いどんど焼きでした。
総参加人員は詳細には不明ですが200から250人の方が参加されたのではなかったでしょうか。
昨年暮れからの竹材集め、たくさんの皆様ご協力ありがとうございました。
ぜんざいは200人分、焼き芋は300個、池内さんご提供のかぼちゃは200個弱 準備しました。
殆ど準備したものは捌けましたので皆様十二分に堪能されたのではなかったでしょうか。我々協力者として嬉しかったですよ。池内さん オークションの時と同様にたくさんのかぼちゃのご提供ありがとうございます。誰でもできることではありませんので本当に頭が下がります。沢庵を沢山ご提供いただいた井上さんもありがとうございました。
子供会はおひさま子供会だけの参加でしたが、来年は星の子子供会もぜひ参加してほしいなと思いました。今回で5回目のどんど焼きとなりましたが、徐々に皆様に認知されてきたのかなと思っています。この種のイベントをやるのは長く継続的に協力できる機動性があるボランティア組織が有効ですね。日頃ほとんど顔を合わせない皆様がもっともっと親しく話し合う場になればいいですね。
a0033610_17585644.jpg
a0033610_17591596.jpg
a0033610_17592991.jpg

[PR]
# by lcsmile | 2016-01-10 18:03 | Comments(0)
平成27年12月12日9時から永犬丸中学校へ門松づくりに行きました。(準備のため竹を松尾さんと和田で切って用意しておきました。)早速、校長先生の挨拶の後、3まち協のお手伝い自己紹介の後門松づくりの注意事項を述べて、取り掛かりました。今回は、生徒会、ボランティア部(8人はセンターの生き生き講座)と宇宙少年団の親子が挑戦しました。
大きな門松にビックリ、感激して記念写真を撮って終了しました。松尾さんお疲れさまでした。
a0033610_22581924.jpg

[PR]
# by lcsmile | 2015-12-13 22:46 | Comments(0)